--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/03 (Sun) 積丹&ニセコ
昨日、
せっかくのお休みなので遠出をしてきました

といっても、日帰り圏内ですが。
土日完璧に遊んじゃうと月曜が辛いので。。。

行きたい場所は先月から決まってました。
テーマは、「すぎゆく夏にしがみつく」感じで。

「キレイな海に行きたい」⇒積丹
「大きい山が見たい」  ⇒羊蹄山

ただし・・昼頃から出発なので両方行くとなるとやや過密スケジュール
どちらに絞るか1週間考えた結果、を選択

快晴あっつい。
10時半麻生出発→小樽→余市→積丹→島武意海岸着
暗いトンネルをてくてく歩いていくと、眼前に広がる積丹ブルー
・・・なんですが、あまりにカップルとかファミリーが多く、
1人で行くのは切なかったので車から降りずそのままスルー

続いて神威岬へ
「女人禁制の地」の看板をくぐって岬の先目指して歩きます。

こんな感じ
道


男子集団に「女の子1人でも来るんだ」と呟かれて芽生えた殺意を
鎮めてくれる積丹ブルー。
青いです。
心が洗われます。
あお1

あお2

あお3


アップダウンを繰り返し数十分。
やっと岬に到着
神威岩が見えます。
かむいいわ

ここいらで神威岩の伝説など・・

奥州から逃れてきた源義経は、日高の首長のもとに身を寄せてました。首長の娘チャレンカは義経を強く慕っていたものの、義経は北へ向かって旅立つことに。チャレンカは後を追い神威岬へ向かいましたが、
義経一行は既に出帆してしまった後。悲しみにくれたチャレンカは、「和人の船、婦女を乗せてここを過ぐればすなわち覆沈せん」という恨みの言葉を残して海に身投げ。その姿がやがて岩と化したと言い伝えられているのが神威岩。以来、女性を乗せた船がこの沖を過ぎようとすると必ず転覆したため、神威岩は女人禁制の地となったとさ。

激しい呪いですな。。

でも、私が気になるのは同じく積丹にある女郎子岩伝説。
その内容は・・・
欧州から逃れて来た義経さんは入舸町の首長の娘シララと恋仲に。
だがしかし、追っ手から逃れるため更に北へ向かう義経。
悲しみのあまりシララは海へ投身。岩化。

・・・・積丹内で2人もコマシたようです。。。

さてさて、十分に満喫したところで来た道を戻ります。
けっこうな距離。
kaerimiti

北海道の縁取りを楽しみつつ歩きます。
gixa

次の目的地は奥の山のもっと奥。
sinro


時刻 14:36 
どこからか誘惑の声が。

「・・・・羊蹄山も行けるんでない?」

ってなことで、海岸沿いを快調に走りニセコ方面へ。
トンネルで白いワンピースの少女が歩いていて心臓が縮む。
見てはいけないものを見てしまったかと思いきや、
ちゃんと生身のファミリーでした。
・・・のハズ。

ナビの案内を無視してニセコパノラマラインにのる。
急カーブが多いけれど絶景!!
神仙沼を通り越した辺りとか最高。
去年、ちょっとした勘違いで
五色温泉郷→神仙沼を4時間登山する羽目になったことなどを思い返しつつ、
爽快にドライビング。
あんなに汗だくで登ったのに、車だとほんの2,30分・・。
ちょっと切なくなりました。
でも、良いのです良い思い出なのです
(去年のとんでも珍道中は、旅行記で後々UPしたいと思います。)

神威岬からおよそ2時間。
羊蹄山が見えてきました。
hituji

羊蹄山を見ながら露天に入れる温泉がある(しかも源泉100%)と言うことで、
真狩へと進む
ニセコの道の駅で細長いミニトマトを買い込む。
安くて美味しい
美味しそうなメロン(結構大きい)が1玉300円の世界。
近所にあったら毎日行くのに。。。

畑に囲まれた細い道に突如現れる真狩温泉
ユリと羊蹄山を見つつの露天風呂。
なかなか気持ち良い。
hitujiyuri


このまま泊まっていければ最高なのですが、
そうもいかず。。
中山峠を超えて帰る。
日勝とかに比れば楽~な峠。良かった

19時札幌駅近辺着。
晩御飯を買い、どこか景色の良い所で食べようと、
モエレ沼へ。
ピラミッドがライトアップされててキレイだった。けれども。
1人で来てるヤツなんていやしない!!(泣)

本日の1人ドライブのオチを率先して作ってしまった感じです。
満喫感と切なさで一杯の旅となりました

走行距離350km。
ぶっ続け10時間ドライブ。
これにて終了。
      
スポンサーサイト

category

calendar

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。